Concept

「考えを止めることこそが、人間の敗北なのです。」をコンセプトに舞台芸術を通じて、
独自の視点を用いながら社会との繋がりを模索し、社会に何か還元できないかを考え、実行します。

Carrier


主宰の川端が2020年からソロ活動のスタート
活動の幅を広げるために、ダンサーである鎮目更紗を向かい入れ
2023年の6月より正式にカンパニーとして始動

『審判〜失語症の患者たち〜』

この作品は、2020年8月に上演されたソロ公演であり、
カンパニー名の由来もこの作品からの影響を受けています。
約2万字にも及ぶセリフ量を持ち、人間の内に潜む欺瞞を暴く意欲作です。

この作品は、思考を放棄し事実を歪める人間に対するアンチテーゼとして創作されました。


STAFF

 

原作:Barry Collins「Judgement」

翻訳:青井陽治

演出:川端優典

照明:橋本武文(HL tech design)・新垣泉

音響:市川晶悟

振付協力:更紗
撮影:山本隼生

協力:田口佳名子(体現帝国)

主催/制作:審判-JUDGEMENT-

『自爆蟻』

2023年6月に開催されたSAI Dance festivalにて上演

【コンセプト】
タイトルの「自爆蟻」とは、ボルネオ島に生息するアリの一種です。
彼らは敵に攻撃されると、自らの体を爆破し、体内の毒を浴びせることで仲間を守ります。

この習性をイメージして作品を創作しました。

唯物科学信仰によって引き起こされた犠牲のあるこの世界で、
自己嫌悪と自己欺瞞の間に生きる私たち人間をモチーフに踊ります。

日本独自の舞踏と演劇の手法を用い、私自身が自爆蟻となります。


STAFF

作・演出・作曲・振付:川端優典
サポート:鎮目更紗

主催/制作:SAI Dance festival

『時代はカオスを望んでいる』

2023年10月に開催された神楽坂セッションハウス主催U25シアター21フェスにて上演

【コンセプト】

もう時期、混沌の時代がやってくる。
みんな薄々気づいているだろう? 
100年前の人間たちも同じだ。
この世界が破綻することを予想できていたはずだ。
しかし、人間はその事実を無視した。
思考することを放棄したのだ。
そして、破綻への歩みは今もなお続いている。
我々も同じ過ちを繰り返すのだろうか?


STAFF

演出・振付・作曲:川端優典
サポート:鎮目更紗

主催/制作:神楽坂セッションハウス

舞台芸術家のための

照明勉強会

審判 - JUDGEMENT - では定期的に照明勉強会を開催しています。
興味のある方は、以下の詳細情報をご覧ください。

Member

川端優典 Yusuke Kawabata

主宰
俳優・舞踏家・演出

Twitter
Instagram
facebook
YouTube

Profile

鎮目更紗 Sarasa Shizume

ダンサー

Instagram


Performance Fee

【舞台・映像作品の出演料】

60,000円〜 

※応相談

Performances

Company: from 60,000 yen

*Please consult with us.

【演出】

100,000円~ 

※応相談

Direction

From 100,000 yen

*Please consult with us.